兵庫県の木の専門店 株式会社宮下木材

TOP >  取り扱い商品一覧
 

集成材

杉集成材
兵庫県産又は輸入材で作られている集成材です。柾目を張り合わせたものと、板目を張り合わせたものの2種類があります。幅広い板として利用することが可能なので、家具や棚板に最適です。
檜集成材
杉材に比べて表面は白く硬いのが特徴です。耐水性・耐湿性に優れています。柱、梁、板として利用されています。
メルクシパイン
針葉樹の一種で東南アジアから輸入される集成材です。塗料との相性が良く加工性が良好です。また、強度も高く耐水性も優れています。内装材・割りばしに使用されています。
ゴム集成材
硬くて強い木材です。棚板や家具材に利用されています。
赤松集成材
材質は軽くて柔らかく加工性が良いのが特徴です。松なので樹脂成分が多く含まれているので、使用の際は注意が必要。

無垢材

米ヒバ(針葉樹)
白アリに対して強い木と言われています。対候性と耐水性に優れており、主に外部面に利用されることが多いです。
杉材(針葉樹)
国産材の中で最も多く伐採される木材です。当社で原木から製材しており、色々な注文サイズに応じて商品を製材出来ます。杉材の特色は、調湿効果・断熱効果が優れており、主に住宅などに多く使用されています。酸化物を吸収するので、押し入れなどの内装材としても広く利用されています。
檜材(針葉樹)
表面が固く、防腐・抗菌効果があり耐水性・耐久性に優れている木材です。また、油脂が多くヤニが出やすいという注意点があります。小径木が多く柱などに使われています。
米松・ピーラー(針葉樹)
当社で製材をしている樹種です。米松とピーラーの違いは目の粗さ細かさで判断されています。ピーラーは目が細かく、造作材として利用されています。米松は目が粗く、構造材で多く使用されています。共に松材で樹脂成分が多くヤニが出るのが特色です。
スプルース(針葉樹)
主に室内の造作材として使用されており白木の柾目は光沢があり綺麗で優れています。また狂いなどが少なく建具材としても使用されています。耐久性は高くありませんが、内装材として使用出来ます。
タモ
一般的には家具材に使用されています。硬くて強い事から住宅の窓枠・額縁などとして利用されています。
米栂(針葉樹)
室内の造作材として多く用いられます。耐久性は高くありません。色目としてはスプルースのように白っぽい木材です。
ナラ
タモとともに家具材として使用されています。硬い木なので床のフローリングなどにも使用されます。入手しにくい木材となっています。
ラワン材
南洋材として、昔から日本に合板の原材料として輸入されています。柔らかく工作材などに適しています。



私たちが真心を込めて一生懸命お手伝いします!
営業日カレンダー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30


〒673-1324 兵庫県加東市新定315番地
TEL:0795-46-1145(代表)
TEL:0795-46-1168(薪 ペレット 産廃受入)
FAX:0795-46-1148(代表)
FAX:0795-46-2168(粉体事業部)
Email:info@miyashita-wood.com



LINEで問い合わせをすると、やり取りが会話順に表示されるので、問い合わせの履歴をさかのぼりたい時に便利です。