兵庫県の木の専門店 株式会社宮下木材

TOP >  製材事業(JAS認定工場)
 

宮下木材は「製材、加工、乾燥、販売」までを一貫して行っています

一貫生産なので短納期で対応可能です

宮下木材は、自社で製材を行っておりますので、特殊な樹種や、大断面・長尺材・特殊寸法材のご注文にも迅速にお応えすることが出来ます。地域密着・小規模工場の長所を生かし、国産材の杉、ヒノキから外国産材まで、多品種少生産、素早い納期でお客様のご要望にお応えします。

JAS認定工場

宮下木材は平成24年にJAS認定を取得しました

JASの認定を取得しました宮下木材ではJASによって定められた基準に基づき、製材、検査、格付作業の後、製品出荷が行われます。製品にJASマークを付けることができる事業者は、登録認定機関(農林水産大臣の登録を受けた機関)から、製造施設、品質管理、製品検査、生産工程管理などの体制が十分であると認定された事業者(認定事業者)ですのでご安心ください。

1.原木の製材

最も効率の良い鋸の入れ方を検討

原木は、製材作業の前に、製材職人の眼によって1本1本、最も効率の良い鋸の入れ方が検討されます。(木取りと言います。)そして、小割り寸法の製材機によって大きな角材(平角)をとった後、甲板・三角材を小割製材機で製材します。材は、だんだんと小さなサイズに製材されます。

2.木材の乾燥

安定した品質の木材を納入するようにしっかり検査

木材は、材中に含まれる水分が原因で、建築後、壁体内のカビの発生、材の割れ、ねじれ、強度などのさまざまな問題が生じます。 特に、最近の室内は、エアコンで一年中温度、湿度が一定となるよう管理されていることから、十分に乾燥されていない材では、収縮や割れ、ねじれが生じるという問題が発生します。そのため、木材の出荷の際には、含水率検査、材面検査等を行い、安定した品質の木材を納入するように注意を払っております。

3.モルダー加工

床板、壁板、廻り縁、ドア枠、幅木などの部材を製造

製材された板材などの、指定の寸法決め、縁加工・相じゃくり加工、プレーナー加工などを行い、床板、壁板、廻り縁、ドア枠、幅木などの部材を製造しております。



私たちが真心を込めて一生懸命お手伝いします!
営業日カレンダー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


〒673-1324 兵庫県加東市新定315番地
TEL:0795-46-1145(代表)
TEL:0795-46-1168(薪 ペレット 産廃受入)
FAX:0795-46-1148(代表)
FAX:0795-46-2168(粉体事業部)
Email:info@miyashita-wood.com


LINEで問い合わせをすると、やり取りが会話順に表示されるので、問い合わせの履歴をさかのぼりたい時に便利です。