兵庫県の木の専門店 株式会社宮下木材

フラッシュクリーンDIYしよう!

コロナ・インフルエンザ・有害物質を吸い込む珪藻土?!
凄い珪藻土『フラッシュクリーン』
DIYの方にも絶対おすすめしたい!と言う想いから、当社グループ会社のミヤシタ社長がたちあがり😊ミヤシタ事務所内の壁にスタッフのみんなで、DIYの体験を試みました。
しかも、ビニールクロスの上から塗ります🤩
今回、ビニールクロスの状態も良く、実験も含め、直塗で施工してみました。(※壁面の状態の悪い場合は下地処理が必要です)初めて左官するスタッフもおり、とってもご参考いただけると思いますよ。

■まずは塗りたい部分を養生しました。
クリックで拡大
実はこの養生作業が一番時間をとられます💦
クリックで拡大
養生に必要なもの:マスキングテープ、ブルーシート(それに替わる養生シート)、カッター、ハサミなど。

■フラシュクリーンの袋の裏面
クリックで拡大
必要な量を計算し、水と粉を用意します。今回は1袋分の量で作りました。

■必要な用具

上記写真にあるような用具を用意しましょう。フラッシュクリーン・混ぜるためのバケツ・鏝・鏝板・水・カクハン機(混ぜる機械)をご用意いただきます。

珪藻土の調合は、初心者には、ドキドキの作業です。ここで、感じをつかんで、是非、挑戦してみてください。

■粉を練る作業から始めます。

少しずつ、何回かに分けて、粉→水→粉→水と入れ混ぜていきます。

カクハン機で混ぜていきますが、混ぜるときに、上のほうで混ぜると、珪藻土が飛び散りますので、お気を付けください。

粉の練り具合はこんな感じです。

今回8Kgの粉に対して、10.45ℓの水で混ぜました。(少しやわらかめ)

とろーり。ケーキの生クリームより少し柔らか。ホットケーキミックスよりすこし固め?(^^; でしょうか・・・
おいしそう🤗


↑↑この動画では、鏝を縦にすると、シャバシャバと落ちていきます💦ちょっと、やわらかめの仕上がりですが、大丈夫、時間が経ち、空気に触れる時間が、長くなれば長くなるほど、シャバシャバ感は落ち着いていきます。(声入り)

では、珪藻土塗り初トライのスタッフが挑戦します。まずは、鏝に珪藻土を付ける感覚を体感し、鏝板の上で何度か練習してみます。


↑↑鏝を縦にしたら、ぽたぽた珪藻土が落ちちゃいます。勢いつけて、横にスライドするイメージです。

↓↓鏝に珪藻土を付けたら素早く壁に塗りましょう。

↓今回クロスの上に直接塗っているので、なじみにくさを感じますが、そんなときは、塗りすぎた部分から、なでるように広げていきましょう。

塗り方や、調合など左官の事で何か分からないことがあれば、宮下木材の営業担当、浮村(晋)、越智 にお問合せください。提携する左官屋さんのご案内もできます。

提携している左官屋さんのHANDさん。

スタッフ入れ替わり、どんどん塗り上げていきました😊

ミヤシタのスタッフブログで、続きが確認いただけます☺ 続きは写真をクリック↓↓


▲画像をクリックで、ミヤシタスタッフブログへGO!!

いかがでしたか?なんとなく、自分でも塗れそうな気がしてきませんか?コロナ菌・インフルエンザ菌、吸い込んで分解してくれる珪藻土。気になった方、説明ページで内容のご確認くださいませ。コロナ・インフルエンザ・有害物質を吸い込む珪藻土?!凄い珪藻土詳しくは『フラッシュクリーン』詳細ページへGO!!

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

« 前のページに戻る

it’s Now







工場に新しいマシーンを導入


関連サイト